しみについて

レーザー治療][ケミカルピーリング][トレチノイン治療][イオントフォレーシス][美白剤・内服


しみの治療法 イオンフォレーシス
美白成分でメラニン色素を抑制することにより、しみを薄くしていく方法がイオントフォレーシスです。
「肝斑」「炎症後色素沈着」に効果があります。

イオントフォレーシスとは?

ビタミンCなどの栄養素は、そのまま皮膚に塗布するだけでは皮下のバリアゾーンに阻まれてなかなか皮膚の中まで浸透しません。イオントフォレーシスは、弱い直流電流を流すことによって皮膚の帯電バランスを崩し、普通は通過することのできない皮下のバリアゾーンを弱めて、イオン化された美白に効果のある成分を皮膚下に浸透させようとするものです。
ビタミンC、ビタミンC誘導体、プラセンタエキスを使用してメラニン色素の働きを抑え少しずつ薄くしていきますので、継続的な治療が必要です。効果が出るまでは集中して治療を行ない、効果が出てからも定期的な治療が必要です。

美白成分の説明は「美白剤・内服」のページをごらんください。