しみについて

レーザー治療][ケミカルピーリング][トレチノイン治療][イオントフォレーシス][美白剤・内服


しみの治療法 トレチノイン治療
数種類のタイプのしみに強力な効果があるトレチノイン。
「老人性色素斑」「炎症後色素沈着」「雀卵斑(そばかす)」「老人性疣斑」に大変有効です。「肝斑」「扁平母斑」などには効果はありますが、多少時間がかかります。

トレチノインって?

トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)とはビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性はビタミンAの約50-100倍であり、ビタミンA類の体内での生理活性の本体そのものであります。このレチノイン酸は、誰でも血液中にごく微量流れているものですから、抗原抗体反応を起こしたり、アレルギー反応を起こすことはありません。
トレチノインは米国ではシワ、ニキビの治療医薬品として、FDAに認可されており、非常に多くの患者さんに皮膚の若返り薬として使用されています。

トレチノインの皮膚に対する作用には以下のようなものがあります。

  1. 角質をはがす。
  2. 表皮の細胞をどんどん分裂させ、皮膚の再生を促します。
  3. 皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑えます。
  4. 真皮でもコラーゲンの分泌を高め、長期的には皮膚の張り、小じわの改善をもたらします。
  5. 表皮内でのヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を高め、皮膚をみずみずしくします。
 

トレチノインによる治療の概要

表皮の細胞は表皮の一番深い層(基底層といいます)で生まれてから、徐々に表面に押し上げられてきて、やがて角質となり、最後は垢となって皮膚から剥がれていきます。この表皮の細胞の一生のサイクルを皮膚のターンオーバーと呼び、約4週間かかることが知られています。

大多数のしみは、表皮の一番深い層(基底層)周辺にメラニン色素が沈着しています。この層にはメラノサイトと呼ばれるメラニンを作る細胞があります。通常市販されている美白剤(医薬部外品)は、メラノサイトがメラニン色素を新しく作る量を減らすような働きをする有効成分が微量含まれてはいますが、非常にその作用が弱いうえに、現在沈着しているメラニン色素を外に出してしまうような作用は全くないため、すでに存在しているしみは良くなりません。

トレチノインは、表皮の深い層にあるメラニン色素を外に出してしまう働きを持っています。トレチノインは表皮の細胞を活発に増殖させるために、表皮の細胞はどんどん押し上げられていき、そのときにメラニン色素を一緒に持って上がっていき、2ないし4週間でメラニン色素を外に出してしまいます。これがトレチノインの特長です。本治療では、この期間ずっと、強い漂白剤であるヒドロキノン(ハイドロキノン)を作用させて、メラノサイトに新しいメラニンを作らせなくしておきます。そうすると結果的に、表皮はメラニン色素の少ない、きれいな新しい皮膚に置き換えられることになります。

 

トレチノインによる治療方法と注意事項

一般的には、ビタミンAの誘導体(オールトランスレチノイン酸)の外用剤やメラニン合成酵素阻害剤のクリームなどを1日1〜2日塗布します。サンスクリーン(日焼け止めクリーム)や保湿剤も毎日使います。必要に応じて、ケミカルピーリングを行います。また、レーザーを使用する場合もあります(クールタッチレーザー)。ニキビ・ニキビ跡・シワにも効果があります。

期間中は1週間に一度の割合で通院していただきます。必ず医師の指示通りに診察を受けてください。治療には少なくても3ヶ月程度要します。また、副作用としては使用数日より患部の発赤、ヒリヒリ感が出ますが、そのまま治療を継続しても徐々に治まります。

治療期間中は避妊をしなければなりません。妊娠を希望する人、妊娠中の人はこの治療はできません。