しわについて

トレチノイン治療][ケミカルピーリング][イオントフォレーシス][高周波温熱治療
フォトフェイシャル][クールタッチレーザー][ヒアルロン酸注入・コラーゲン注入・ボトックス注射


しわの治療法 ヒアルロン酸・コラーゲン注入 ボトックス注射
しわを改善する効果のある物質を直接皮膚に注入する治療法です。深いしわに非常に効果があります。

お肌の張りのもと、コラーゲン

コラーゲンは人間や動物の体のなかにあらゆる場所に存在する最も一般的な物質です。皮膚に存在するコラーゲンは肌の艶や張り、やわらかさなどを保つ働 きがありますが、これは年齢と共に少しずつ減少していきます。減少していくと肌にたるみが生じてきて、それがしわになってきます。そのコラーゲンを皮膚に注入することにより、深く刻まれたしわをも改善するのがコラーゲン注入治療です。
注入はしわに沿って皮膚内に注入していきます。少量を注入するだけでへこんでいたしわは周りの皮膚と同じ高さまで盛り上がってきます。

コラーゲン注入治療について

治療の方法としてはまず、コラーゲンに対してアレルギー症状はないかどうか腕の皮内にごく少量注入して4週間様子を見ます。その間発赤やかゆみ、しこり感などがないかチェックします。100人中97人程度、ほとんどの方が治療を受けられます。

4週間の検査後、反応が陰性であれば注入治療に入ります。ごく細い針で皮内に注入していきます。注入の種類によっては無痛剤が入っており、また湿布型の麻酔を使用することもあり、痛みはほとんどありません。20分程度で注入は終わります。

治療は洗顔後に行います。そのため治療後、お化粧をしたいところですが、数時間後に行ってください。また当日の飲酒はなるべく控えてください。シャワーは注入箇所を濡らさなければ大丈夫です。それから当分の間は直射日光、紫外線をさけてください。
注入後、一時的に腫れたり赤くなったり圧迫感を伴う痛みがありますが、これは正常な反応です。数日以内に消えるはずです。2〜3日続くようであればすぐに来院ください。

注入したものは自然に体内に吸収されていきます。ですから効果は半年から1年半程度ぐらいです。なくなると完全に元に戻るわけではありませんが、様子を見て半年から1年半の周期で追加注入されることをおすすめします。

以下の項目に当てはまる方、疑いのある方はコラーゲン注入治療を受けることができません。ご注意ください。

  1. 妊娠している方
  2. 治療中に妊娠を予定している方
  3. 出産後、授乳中の方
  4. 複合アレルギーなど重度のアレルギーをお持ちの方

非動物性のヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは皮膚や関節液に存在する物質で、治療に使用するのはそれを人工的に作り出したものです。ヒアルロン酸の大きな利点は、生存する全ての有機体において同じであり、生物学的適合が非常に高いということです。そこで皮膚のテストを行う必要がありません。
非動物性の物質を原料に使用していますので、異種間の伝播制の病気や、牛肉・鶏肉・卵など一般的な食品に対してアレルギーを持つ方でもアレルギー反応を引き起こす危険はありません。
非常に効果的な方法で安定化されているため、ヒアルロン酸は少ない量で長期間持続します。

浅い表層のシワ(眼窟周囲や口周囲)、中程度のシワ(眉間や口周辺)、深いシワ(鼻唇、頬と顎)に効果があります。
治療法はコラーゲン注入などと同じく、ごく細い針でしわの部分の皮膚内に注入していきます。陥没を持ち上げる力が強いので、特に鼻唇溝(鼻から口にかけての横のしわ)、眉間、額などの深いしわにとても効果的です。

しわの原因の筋肉を緩めるボトックス

食中毒の原因菌として知られるボツリヌス菌をごく微量、しわの部分の皮膚内に注入していく治療法です。
ボツリヌス菌の毒素の性質に、筋肉の弛緩があります。そこで、その性質を利用してしわを作っている表情筋に直接作用させ、その働きを弱めることにより、しわを目立たなくさせる画期的な方法です。額や眉間のしわにとても効果的です。
毒素を注入するといっても、体に害は無いので安心して治療を受けていただけます。